本日LINEから営業メールが来ました。

普通なら無視してしまうところが
興味があったので見てみました。

それは、LINE@の情報でした。

LINE@とはどういうものかと言うと、
登録している友達に一斉送信できる
情報発信用のツールです。

私を含めて情報発信をしている人なら
かなりの確率で利用している人が
多いかと思います。

メールだと
迷惑メールフォルダに入ったり
届かなかったりします。

でもLINE@だと100%到達します。

なので、情報発信者が良く使っています。

しかし、来春に大幅値上げが実施されます。

現在は、月に1000通までなら無料
友達5000人までなら5400円、
10万人以内なら21600円で使えます。

これが、従量課金制になります。

どの様に変わるかと言うと、
月15000通まで5000円、以降1通5円
月45000通まで15000円、以降1通3円

例えば現在5000人の友だちがいるとします。

その場合は、
一ヶ月に15000通までなら5000円ですが、
友達が5000人いますので、1回送信すると
5000通に配信されます。

そのため、月に3回送信すると、
15000通に達してしまい、
次回から1回配信するたびに

5000通 x 5円 = 25000円

かかる計算です。

全く割に合わないですよね?

そこで、情報の早い人は、
対策を打ちました。

これは今回LINEから営業メールの内容です。

メールのリンク先を見てみると、
LINE@の海外版を代行で
作成するアイデアです。

LINEの本家韓国版が39800円、
米国版が29800円です。

この情報を受けて私は、
海外のLINE@アカウントが
取得できることを知りました。

ということは、誰でも作れる。
ということです!

ネットを調べました。

LINE@海外アカウントの作り方です。

情報はありました。

アメリカの電話番号を用意して、
VPNを経由してアメリカへ接続する
方法です。

※VPNはバーチャル・プライベート・
ネットワークといい、暗号化トンネルを
使って接続先にいるかのように
使えるサービスです

これを使ってアメリカに接続して、
LINE個人アカウントを作ります。

その後、ビジネス用のLINE@を
作るという手順です。

若干めんどくさいです。

さらにネットを探すと
すごいのを見つけました。

LINE@販売業者です。

どこで見つけたのかと言うと、
クラウドワークスです。

広告文を読むと、
アメリカ在住の人を募集してて
LINE@のアカウント作成の仕事でした。

1件1000円です。

そして、そのアカウントを
日本で29800円で売ります。

ボロ儲けですね。

これは情報販売という方法なので、
転売とは違うのですが、在庫がないので
売れば売るほど儲かります。

私も同じことしていますので、
こちらのメルマガを読んでみて下さい。

http://8kw.jp/afmal.html

※東尾LINEに登録して頂くと、私が以前3万円で販売していた、
転売大百科を無料でプレゼントしてます!

スマホからはコチラをクリックhttp://8kw.jp/l.html
今パソコンでメルマガを見ている場合はスマホでLINEを開いて
「@st777」をID検索(@をお忘れなく)で東尾LINEに登録できます!

★1時間5万円のコンサルサービスが無料⇒http://8kw.jp/cam.html

★月収30万円オンラインセミナー⇒http://8kw.jp/wsem.html

★3400万円仕入れた商品リスト⇒http://8kw.jp/3wo.html


オークション ブログランキングへ